MENU

ジャストサイズの洋服は自分を引き立たせてくれます。

メンズファッション

 

社会人となり、オフィス勤務の男性が一番長く着用している洋服、それがスーツではないでしょうか。

 

スーツはメンズファッションの要です。就職活動から着用を始め、入社して数年はそのままで良いとしても、経験を積んで肩書きもつくようになると、ファッション性、機能性を備え、また貫禄や品性を表すようなスーツを着用するのが望ましいでしょう。

 

まずは一着質の良いものを購入しましょう。デパートのメンズフロアにに行ってみると、カジュアルからフォーマル、またオフィスに対応するメンズファッションを多種類販売しています。そこで自分の好みを店員さんに伝え、品物選びを手伝ってもらうと良いでしょう。

 

経験豊富な彼らが生地や仕立てなどポイントをおさえながら洋服選びを手伝ってくれます。また必須なのが試着です。

 

マネキンが着ていてどんなにかっこよく見える洋服でも、自分の体型にあっていなくては無意味です。

 

試着をしたらズボンの長さだけでなく、ジャケットの肩幅を合わせ、袖丈や着丈をきちんとチェックしましょう。もしサイズが合っていなければ、そのお店でお直しをしてもらえるかどうかを確認することが大切です。

 

ジャストサイズの洋服は自分を引き立たせてくれます。

 

0515_reccomendItem

このページの先頭へ